住宅ローンの審査

住宅ローンは、最近の金利上昇に伴い、駆け込み重要が増えています。
そのため売り手市場となっており、住宅ローンの審査はかなり厳しくなっているのが現状です。

そんな中、どの住宅ローン会社も重視している審査基準を列挙してみます。

・年収
・勤続年数(会社の規模・営業年数)
・過去のキャッシング履歴(借金)
・現在の住まい(持ち家か借家か)
・両親などの資産

住宅ローンであれば、大体上記のような審査が一般的です。
ただし、会社によって各々のウェイトやさらなる審査基準もありますので、実際に申込むのが一番です。

ただ、上記の審査基準をみて難しいと感じられた方には、お勧めの住宅ローン会社もあります。

日本の銀行系ははっきり言って、個人の能力・収入の今後の推移などを正確に見定める自信がないので、担保、保証人など、リスクを回避する多の保険を見定めがちですが、外資系の金融機関は本人の能力を重視します。

つまり、個人事業主、フリーランス、派遣社員、転職直後のかたなど、一般的に住宅ローンが組みにくい方でも住宅ローンが可能な会社もあります。

以下のサイトに詳しい説明と、お勧め住宅ローン会社がありますので、ご確認ください。
高額融資
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。